2021年産小麦の栽培レポートをお届けします。

村山うどんの会では会の設立より15年間、「小麦増産プロジェクト」と銘打って武蔵村山産小麦の増産を目指した活動を続けています。
2020年産では未踏の7反の栽培に取り組み、見事な大豊作で成果を納めた小麦増産プロジェクト。同時に規模を拡大する過程で生じる課題にも直面し、農園主、小麦増産メンバーともに大きな学びと気づきを得ました。

今秋作付けして2021年に収穫する小麦栽培については、まだ収束が見えないコロナ禍に対して守りの態勢を取ることと、併せて前年度に得た気づきや課題に取り組む余力を作るため、一度規模を縮小し、計画を見直す1年とすることを決めました。

具体的には作付面積を4反としますが、昨年度の大豊作により今後も供給量を減らすことなく確保できる見込みです。
また、これも長らく懸案だった武蔵村山産小麦100%の乾麺製造にも取り組むことが決定しました。日持ちし用途が広い乾麺の製造実現は、小麦増産プロジェクトにとってかなり大きな前進となります☆

昨年の十分な成果のおかげで一度ゆっくり見直す機会を得たと捉え、今期も前進しつつ武蔵村山産小麦栽培に取り組んで参りますので、みなさままた1年間どうぞよろしくお願いいたします!


圃場見回り・除草

 

2020.9.17
収穫から4か月ほど経った今の小麦畑。
石川農園主が手入れをしてくださっています。
左の写真は約2週間前に耕耘・除草をした圃場、右はこれから除草をする圃場。 この後幾度かの圃場整備と準備を経て、いよいよ11月初旬に播種を行います!

播種準備(圃場整備)

 

 

 

2020.10.25-26
来週実施予定の播種(はしゅ)に向けて、圃場の整備を行いました。
土に肥料を入れたら耕運機で耕し、ローラーで平らに均して仕上げます。
均すことで蒔いた種の日当たりが均一になり、また、育った小麦の高さがそろうのでコンバインでの収穫作業がスムーズかつ効率的にできるようになるのです。

畑が整ったら縄ずりのためのポイントマークをしてこの日の作業は完了。
2日間とも晴天に恵まれて、秋晴れの下で気持ちよく作業が進みました。
あとは1週間後の播種までの間に雨が降らなければ最高の状態で播種できそうです!

ところで今回またまた新兵器が登場。
その名も「まくぞーくん」☆
肥料の散布に使用したのですが、このかわいらしいフォルム、そしてセンス抜群のネーミング!なかなかに秀逸です(笑)
小麦増産プロジェクトメンバーにまたひとり(?)、強力なサポーターが増えました。


−−−−−−−−−−−−−−−

2021年産小麦の栽培レポートがいよいよ始動です。
コロナ禍が続きまだまだ不安定な時勢で何が起きるか、どう進むのか手探りなところもありますが、武蔵村山産小麦を守る気持ちは変わることなく、メンバー一丸となって取り組んでいきたいと思います!
みなさま、今期も小麦増産プロジェクトをどうぞよろしくお願いいたします(^-^)/

↓↓↓ これまでの小麦栽培の歩みが分かる!直近の小麦栽培レポートはこちらから ↓↓↓
小麦増産プロジェクト/2020年産活動報告
小麦増産プロジェクト/2019年産活動報告


HOME > 活動報告 > 小麦増産プロジェクト > 2021年産活動報告


HOME お問い合わせ